院長挨拶

ホーム > 院長挨拶 > 院長挨拶

院長挨拶

新年おめでとうございます。

2022年2月1日に君島乳腺クリニックを開業して間もなく2年になります。
この間、乳腺診療の体制はひとまずほぼ確立しましたが、内部の細かい調整によって、少しでもスムーズに診療が行えるように今後も努力してまいります。

昨年は初めての試みとして、10月にピンクリボン運動を展開するJ.POSHが全国に呼び掛けて実施している、マンモグラフィ サンデー;JMS(Japan Mammography Sunday)の運動に参加しました。10月15日(日)の午前中に、市民検診(自治体検診)および自費検診を受付たところ、予定を超える、32名の方が受診されました。具体的な内訳の数字は以下の通りです。
市民検診:合計24名 (40代 7名、50代 12名、60代3名、70代 1名、80代 1名)
自費検診:合計8名 (超音波のみ3名.マンモグラフィ&超音波 5名)
年代別内訳で分かりますように、仕事をお持ちの率が高い40代、50代の比率が圧倒的に高い結果でした。受検者の中には、「日曜日だから検診を受けに来ることができた」と喜んで帰られる方、「前から乳がん検診受けたかったけれど、仕事休んでまでは受けようと思えなかった」とおっしゃる方、「日曜日なのに検診をやってくれてありがとう」と感謝の言葉をかけてくださる方などがいらっしゃり、多くの方が今回のマンモグラフィーサンデーを評価して下さいました。この結果を受けて、今年もこの取り組みに参加するとともに、働き盛りの女性が一人でも多く乳がん検診を受けることが出来る体制を整えていきたいと考えています。
なお、昨年の乳がん検診は、2023年6月から福島市および近隣自治体のマンモグラフィ検診が開始され、12月までの7か月間施行されました。当院での検査数は昨年と比較し、1.4倍に増加していますが、単にクリニックが周知され始めたことによるものか、実際に検診受診率が増加しているのかは不明で、市の検診結果のまとめを参考に判断しなくてはなりません。

また、アオウゼさんからのご依頼を頂き、11月に乳癌についてかなり広範囲な内容でのお話をさせて頂きました。30名ほどの方々が集まって下さり、質疑応答も含めて1時間半の長時間でしたが、熱心にお聞きいただきました。お話しする側としても大変ありがたく、このような情報に対する需要も大きいことが実感出来ましたので、今年も積極的に取り組んでいきたいと考えています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2024年1月

君島乳腺クリニック
院長  君島 伊造

院長ブログの内容は以下の通りです。

  1.  乳腺に関する豆知として、一般の方々や患者様方の興味のありそうな乳腺に関する事柄の解説を載せていきたいと思っています。最初の2つは、リビング福島に書かせて頂いた記事を転用します。
  2.  天体写真では、院長挨拶の最後に載せ始めていた、私の趣味である天体写真も、今後充実させていく予定です。
  3.  ざっかんでは、もっと他愛も無いことをその時の気分で書く予定ですが、フラッと行く信夫山の様子や、その日に興奮するようなことがあれは、という程度で考えています。

日記もほとんど書いたことが無い人間ですので、更新は気分次第、ということにさせて頂きます。

院長ブログはこちら

お問い合わせ

TEL.024-528-8511

休診日:日曜日・祝日

メールはこちら
診療ご希望の方は、電話でのご予約をお願い致します

診療科目:乳腺外科・内分泌内科
診療時間
9:00~12:30
(受付11:30まで)
君島君島小島君島君島君島
14:00~17:00
(受付16:00まで)
君島君島君島小島
君島:乳腺外科 小島:内分泌内科
  • 小島医師は完全予約制、午後の外来開始は13:00になります
  • 診療ご希望の方は、電話でご予約をお願い致します